基本情報技術者試験の合格体験記

みんなの合格体験記

いたずら投稿や自動投稿が多いため新規の体験記の募集を平成20年度から停止しています。ご了承ください。
 
合格体験記一覧
 
平成19年度秋期試験の合格体験記
 
NO.9  HN:ARIGATOU39  職業:システム・エンジニア  1回目の受験  投稿日:2007 12/27(木)
点数:午前660点・午後760点
使用したテキスト
?基本情報技術者午前スーパー合格本〈2007春〉(秀和システム)
?基本情報技術者スーパー合格本過去問題集〈2007春〉(秀和システム)
コメント
【事前準備】
H19.2:上記テキスト??を購入。
【参考書を読む】
H19.2-7:半年かけて?を一通り熟読。
【午前試験対策】
H19.8-10:試験前日までは、?の直近過去問3年分(6回分)を何度も(3,4回)繰 返し解きました。解答例を読んでも不明な問題は、?も開いて自分が納得するま で??をにらめっこといった感じでした。
【午後試験対策】
H19.8-10:午前試験対策に費やした時間の1/3しかやらなかったのでは・・・とい った感じです。(と言っても、?の直近過去問3年分(6回分)を2回は繰返しまし たっけ)
【試験当日(午前問題)】
80問中、40問が過去問から出題、15問が時事問題(コンピュータ雑誌を定期購 読してるような人はでないと解けないと思います)、残りは過去問の応用問題と いった感じでした。結果60問正解(内、5問は感で正解)
【試験当日(午後問題)】
前半必須問題5問について、これが非常にラッキーなことに過去数年間で最も簡単 な問題だったように思います(私以外に受験した人も同感のはず)。例年レベ ルの出題であれば間違いなく不合格だったでしょう・・・
後半選択問題2問について、cobolを選択(というか、cobol以外は知りません・・ ・)。これも前半同様、簡単でした。

【振返った感想及び、これから受験する人へ】
参考書は半年かけて読む必要ありません。不明点があれば、ほっぽらかす気持ち で読めばいいと思います。
午前試験は、とにかく過去問をどれだけこなしたかに尽きます。(特に直近過去 問3年分(6回分)!!3年前より更に以前の過去問は、出題率も低いし、やる意味が 無いと思います)
過去問を解いていく内に不明点があれば、おのずと参考書に戻りますから、再度 熟読する事になります。こうして、少しずつ「不明点」が「理解」につながりま す。
午後試験の前半必須問題5問は、過去問を何度か解いておく。後は、私の時のよう に簡単な問題が出るよう神頼み・・・ですね。(無責任でスイマセン)
後半選択問題2問は、私のように実務経験がある方は余程の問題でない限り大丈夫 と思います。実務経験のない方は、別途専用の参考書を買うべきでしょうね。
余談ですが、?はオススメできますが、?は×ですね。
 
NO.8  HN:タエポン  職業:一応プログラマー  2回目の受験  投稿日:2007 11/18(日)
点数:午前640点・午後675点
使用したテキスト
平成19年度秋期 基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集のみ
コメント
前回の春期を受験しましたが、午前で595点しか取れず落ちてしまい、悔し くて再度挑戦しました。
勉強方法は試験の2ヶ月前から過去4期分の過去問を毎日最低1問でも解くといった 感じです。一度に勉強する時間や持続力が無かったので、毎日少しずつコツコツ と勉強していました。
午前については既出問題だけの予習では正直厳しいと前期と今期で思い知りまし た。
午後については問題をよく読んできちんと内容を理解できれば、問題無く解ける ように思います。
 
NO.7  HN:高橋  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2007 11/18(日)
点数:午前710点・午後780点
使用したテキスト
栢木先生の基本情報技術者教室
スーパー合格本過去問題集
完全合格教本CASL?
TACオリジナル問題集午後対策
コメント
私が勉強を始めたのは8月1日です。夏休みは平均して毎日2時間程度や っていました。学校がある日は2時間程度、休みの日は一日やっていました。
夏休みは栢木先生の基本情報技術者教室を2回読み終え、同時に完全合格教本の CASL?は1回通り読み終えました。
私はアセンブラを全く知らず0からのスタートでした。最初は全く分からなかっ たのですが夏休みの終わりごろにはほぼ流れが読めてプログラムの意味も分かっ てきました。0からのスタートでも最後まで諦めず完全合格教本CASL?をや り、過去問を解けば必ずアセンブラでは8割は越すことができます。満点を取る ことも難しくないでしょう。CやJavaを取るよりあきらかに固いです。
午前対策は栢木先生の基本情報技術者教室を読み終えたら、過去問をひたすら解 くことです。基本情報技術者試験の午前問題はほとんどが過去問に出てくるので 過去問は解かないとダメです。そして、間違えた場所を栢木先生の基本情報技術 者教室で調べるといった具合で勉強すればよいでしょう。
私が買ったスーパー合格本過去問題集には他の過去問のテキストに比べあまり値 段もかわらないのにCDが付いてきて、そのCDには16回分の過去問(午前・午 後)が入っています。
午後対策ではスーパー合格本過去問題集とTACのオリジナル問題集午後対策を やりました。これはTACに通わなくてもTACのホームページで売ってるので 必ず買ったほうがいいです。
この4つがあればかなり合格が近づくでしょう。
 
NO.6  HN:よの字  職業:-  1回目の受験  投稿日:2007 11/16(金)
点数:午前695点・午後760点
使用したテキスト
よく出るよく分かる基本情報技術者 【午前】問題集 日本経済新聞社出版
よく出るよく分かる基本情報技術者 【午後】問題集 日本経済新聞社出版
コメント
毎日1章ずつ問題を解いていき(章が厚いものは、途中で分ける。最初に 決めておく)苦手分野は付箋を貼りました。 大体1日2時間程度、コンスタント に続けていました。
午前は分からなかったらハイそれまでよ。とどうにもならない問題ばかりなので 、勉強しないとどうしようも無い所がありますが、分からなくても2つぐらいに は絞れる問題があります。そういうときはキッチリ絞りましょう。
そして、何となく問題文と答えにリンクしそうな所があったりします。(問題文 に暗号化うんぬんと書いてあって、答えの選択肢にセキュア云々と書いてある場 合等)そういう場合は、リンクしていそうな選択肢をチョイスしてみて下さい。

午後は一つの知識が分からなくても他の知識をフル動員すればカバー出来ます。
(英語のテストで一つの単語が分からなくても他の所を読むとなんとなく分かる ようなものです)

分からないからといって諦めたりせず、じっくり考えて問題の作者は何をやらせ たいのかを理解すれば出来る筈です。
(午後の方が面倒に見えますが、問題文を根気よくみれば数値と計算式が浮かび あがって来ます。それをただ当てはめるだけで合格点を得る事ができます。)
 
NO.5  HN:ばば  職業:PG  1回目の受験  投稿日:2007 11/16(金)
点数:午前 点・午後 点
使用したテキスト
栢木先生の基本情報技術者試験のテキスト
JAVA入門
アルゴリズムの切り札
コメント
大学では経済を学んでいた私、会社に入社してすぐに上司や先輩に「とれ 」と言われて、秋の受験を目標に勉強を始めました。
参考書は、受験が決まってすぐに書店へ行って選びました。
参考書選びは、私が試験を受ける上でもっとも重要視している点です。
午前の方は、「これだ」というものに出会え、結果としてテスト前日までこの1冊 と柏木先生に(3回以上は通りましたが)大変お世話になってしまいました。
問題は午後の参考書です。プログラミングの経験がない私は、言語は初歩的な参 考書から学習しなければならなく、そういった理由から午後の参考書は、どうし てもいいものが欲しかったのですが、書店にも、時期が時期なのか、数が全くな く、とても少ない選択肢から選んだ参考書は、まるで高校の教科書のように堅苦 しく、わかりづらいものでした。しかし、一刻も早く勉強を始めたかった私は仕 方なくその1冊を購入し、そのとき、”どんなに悪書であろうと、これだけお金を 払ったのだから、絶対最後まではとおろう”と決めました。
さて、試験勉強の方ですが初めのうちは会社でも、模擬試験をしてくれたり、勉 強時間を特別にもらっていたのですが、7月からは独学で勉強しました。会社で試 験した結果、まだ午前は未完成であるにも関わらず、6割近くとれるのですが、午 後というと4割付近で精一杯でした。その中で何回分かの過去問の結果を見直して みると自分は、言語とアルゴリズムの問題によって午後の点数が上がっていない こと、午後の1問目は長い文章ではあるが、しっかり読めば、答えに近いヒントが 書いてあることなどに気がつきました。その後、サイトなどの情報で、アルゴリ ズムに絞った問題集が存在することを知り、また書店へ走りました。参考書は、 解説が詳しく、時間的に考えて(9月だったので)、問題の数があまり多くない ものを選びました。アルゴリズム専門の教科書というと午後のものよりももっと 数が少なかったですが、幸い、私の手にしたものは良書でした。
試験前日はなんと2時まで起きて今までの復習を終わらせ、試験では、時計を忘れ るといった失態をしたにもかかわらず、受かることができ、うれしかったです。
参考書の話ですが、試験勉強といってたくさんの参考書を買う人がいますが、私 に言わせれば、それは時間とお金の無駄です。1冊まるごと理解したのなら次を買 っても問題ないと思いますが、私は試験前日でも、決して1冊まるごと理解できた とは思っていません。
試験中はこのサイトに何度もアクセスして元気をもらいました。合格体験記を絶 対書きたかったのでとてもうれしいです。
これから試験を受けられるみなさんが良い参考書とめぐり合え、この合格体験記 を書けることを願っています。
 
NO.4  HN:シオン  職業:-  8回目の受験  投稿日:2007 11/15(木)
点数:午前600点・午後790点
使用したテキスト
翔泳社 基本情報技術者2007年度版(日高哲郎/著)
コメント
1〜3回で合格される方が多い中で、これだけ受けてようやくですが、昨日 合格を見てはしゃいだついでに書かせていただきます。
私は学生の頃から受けていて、毎回午後はよかったので、ブランクはありました が今回は基本的に午前に絞って勉強しました。
テキストを見ながら途中にある確認問題を説くというものでしたが、サボってし まったりして、なかなか進まず、テキストの半分ほどを消化した辺りで、付録の 模擬試験でごり押しすることになりました。
しっかり勉強して模擬試験に臨むのであれば、問題をやりきってから解答をする ほうがよいのでしょうが、私の場合は勉強の一環で行ったので、逐一解答と解説 を確認し、間違ったところは解説を読んで理解するように努めました。
午後は私の場合は元々C言語が得意だったので、特に苦労はなかったです。仕事で 使うようなことがなくても、JavaなどはWebアプリの作成などにも使えますので、 そういうものを趣味にしてしまうときっと楽だと思います。
あまり、役に立てそうなことは言えませんが、参考書には過去問題があるものを 選ぶか、もしくは過去問題集を別途用意すると絶対に役に立ちます。
私も今回の試験で問題と解答群の順序まで同じものが数問、解答の順番や書き方 が少し異なるものも数問出るという結果になりましたので。
あとは、計算系の問題の式を覚えておくと良いと思います。数字を変えて出題と いうのはよくありますし、それなりに数も多いので。
 
NO.3  HN:dm  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2007 11/15(木)
点数:午前650点・午後780点
使用したテキスト
基本情報技術者最新過去問題集
コメント
午前:
過去問を4〜5年分くらい解きました。
わからない言葉があればそのつどネットで調べるような勉強を2週間程毎日1〜 2時間くらいやって、ギリギリですが何とかなりました。
過去問と同じような問題が多いので、参考書を暗記するよりも、過去問をたくさ ん解いたほうがいいように思いました。

午後:
プログラミング経験があったので、特に何も勉強せずに挑みました。
半分ほどの時間で退室できますし、時間もかなり余ると思いますが、1回くらい 見直ししたほうがいいかもしれません。
 
NO.2  HN:もろみ大助  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2007 11/14(水)
点数:午前740点・午後780点
使用したテキスト
基本情報技術者スーパー合格本2007秋
基本情報技術者午後問題の重点対策2007
CASL?完全合格教本
コメント
就活に向け、専門資格が欲しいなと思い、申込期限ギリギリで受験申請を したはいいもののどういう試験かわからず困っていた時にこのサイトで色々と勉 強させていただきました。
勉強期間は1ヶ月、1日3時間程度でした(その代わり集中する)。まず最初はス ーパー合格本で考える問題、基本アルゴリズムの根本を理解する作業を2週間ほ ど行い、地盤固めを行いました。地盤固めはテキスト2周程度をちゃんと理解し て行えば十分だと思います。
その後はCASL?の本を1週間程度の期間を使い、読み込み、解き込みを行いまし た。スーパー合格本で基本的なビット走査さえ理解できていればアルゴリズムが わからないということはほとんどなくなると思うので、あとは命令をおぼえてい るかどうか、命令の使い方がわかっているかどうかだけに焦点を絞って勉強しま した。
残り1週間ちょっとの期間は、ひたすら覚えていない用語を小さな紙に書き出し 、覚えたら捨てる暗記の作業と今までの復習です。私の場合は考える問題やアル ゴリズムはもちろん、用語の暗記もスーパー合格本に載っているものだけを覚え 、この本以外は全く見ませんでした。合格ラインにいければいいわけですから、 これ1冊でおそらく十分だと思います。
午後問題に関しては、午後問題対策のテキストをざっと読み、前回の試験の問題 1年分だけを解きました。スーパー合格本をちゃんと理解し、あせらず問題文を しっかり読めばほとんど無対策でも対応できるはずです。しかし、時間配分だけ は無対策だと厳しいので、過去問で配分を考えるといいと思います。

勉強時間をたくさん取れるのが理想ですが、そうもいかない方も多いと思います 。しかし、しっかり理解することを重視すれば短時間でも合格ラインに立てるの ではないかと受験してみて思いました。受験したいけど勉強時間が足りないとい う方の参考になれば幸いです。
 
NO.1  HN:たぶ  職業:教育関係  1回目の受験  投稿日:2007 11/14(水)
点数:午前695点・午後800点
使用したテキスト
基本情報技術者スーパー合格本 午前
1週間でわかる基本情報技術者集中ゼミ 午後
CASL?完全合格教本
試験センターホームページ掲載の過去問
コメント
午前の問題(アセンブラを選択)が運良く当たりだったという幸運にも恵 まれて、学習初めて1ヶ月の合格でした。
ただしその30日間は毎日だいたい6時間は勉強しました。

午前は『スーパー合格本』を中心に学習しました。初学者でこの本だと(私もそ うでしたが)かなり難解なところが出てくると思います。でも、しっかりと読ん で、わからなければとりあえず保留して、2回やってみてください。じっくり理 解していけば午後に対応できるまでの基礎ができていると思います。過去問を繰 り返しやれば午前の合格ボーダーそのものをこえることはそう難しくないとは思 います。しかし、午前の内容が理解できていないと午後は厳しいと思います。

午後対策は(アマゾンのレビューでは酷評の)福嶋宏訓先生の本を使用しました 。
他の本を使ったわけではないので相対的な感想はわかりませんが、すごくわかり やすかったかと思います。酷評の原因はたぶん午前を過去問頼り(暗記だけ)で 勝負している方の意見だと思います。午後の問1・2・3は午前の延長で、その 場で読めばだいたい答えが書いてあるとおもいます。わからなければ本のせいに する前にもう一度よく問題文を読みましょう。わたしは問4・5に集中して実力 をつけられる『1週間でわかる』をオススメします。アルゴリズムの感覚だけ掴 めば擬似言語やプログラミング設計もわかるはずです。

選択問題については他のプログラミング言語はわかりませんが、アセンブラは比 較的簡単に仕上がるのは間違いないと思います。私はプログラミングの経験もな く、1週間程度しか勉強しませんでしたが、それでも3年分の過去問をみてもだ いたい8割はとれました。オペラントの意味をわすれてしまっても問題文に書い てありますしね。

合格のためには「理解」と「実践」の繰り返しだと思います。あとは(試験に限 ったことではないですが)いかに学習のための時間を創れるかではないでしょう か。彼女とのメールの誘惑に負けないか。帰ってからのその一杯をぐっと我慢で きるか。試験前日、夫に今晩の夕食を任せる勇気があるかです。
 
平成19年度春期試験の合格体験記
 
NO.5  HN:ペケポン  職業:-  1回目の受験  投稿日:2007 11/16(金)
点数:午前700点・午後680点
使用したテキスト
高橋麻奈 やさしく学ぶ基本情報技術者
コメント
勉強方法は参考書を読み過去問を解くという一般的な方法です。
正直簡単に取れる資格です。
ただ試験範囲はかなり広いです。
不合格の人の投稿を見ていると、勉強していない範囲があった等が多いようです 。

広く浅く勉強してください。

大体ですが120〜130時間位集中して勉強すれば受かると思います。
私の場合は試験の三週間前から勉強を始め一日に六時間程度費やしました。


受験を迷っている方は、受けてみてもいいと思います。
 
NO.4  HN:のん  職業:学生  2回目の受験  投稿日:2007 5/14(月)
点数:午前640点・午後735点
使用したテキスト
・大原のテキスト(専門学校の社会人コースのテキスト)
・itecの基本情報技術者本試験問題
コメント
まず半年くらい大原に通って、挑戦した一度目の試験は不合格。
二度目の挑戦のとき、私は午前問題に関しては自分のノートを作りました。
たくさんの単語、さらによく似た働きをする単語?(たとえばフラグメンテーシ ョンとメモリリークなど)を整理するには、自分のノートを作ると分かりやすか ったです。
テーマごとに見開き2ページを使ってまとめることを基本とし、それでも足りな い場合は3ページほどでまとめました。
さらに、膨大だったテキストをノート3冊にまとめられたので、見直すのに便利 でした。
問題集を解いては、分からなかった単語、関連する単語を、ノートをぺらぺらめ くって探し出し、内容を確認していきました。
さらに、はじめて見た単語や、 ノートに書いてあるけれど、問題集で説明されている内容が不足している単語は 、ノートに書き足していきました。

午後はCASLを選択しました。
ひたすら問題を解きました。
大原のテキストは、基本から段階を追って力がつくように作られている感じでし た。
基本の問題から慣れていけたので午後に関して大原のテキストはよかったですね 。
なにより、問題量が基礎から応用まで豊富で、たくさんの問題に当たることがで きたことが良かったです。
大原にはテキストだけ買うコースもあるみたいなので、それを利用するのもいい かもしれないですね。
勉強時間は一日、3時間から5時間です。
トータルで私が感じたことは、なにより基本の理解が大切だということ。
問題を解くためのポイントだけ覚えようとしても、うまくいきませんでした。
当たり前かもしれませんが、基本の理解があって、応用力や実践力がついていく んだなあと実感しました。
 
NO.3  HN:ウエハラ  職業:SE(研修中)  1回目の受験  投稿日:2007 5/13(日)
点数:午前725点・午後770点
使用したテキスト
基本情報技術者合格教本(技術評論社)
基本情報技術者らくらく突破CASL?(技術評論社)
コメント
始めに、私は政治系の学部にいたので全くの素人です。
同じような人で目指してる方の参考になればいいな、と思います。

12月の頭くらいから『基本情報技術者合格教本(18年度秋期版)』で午前の勉強を 始めました。
途中大学の試験期間やら引越しやらで、実際に勉強したのは2ヶ月くらい、1日当 たり3時間くらいでしょうか。
午後の言語に関しては、全然やってなくてやばかったんですが、4月の頭から2週 間、1日3時間くらいでいけました。
このホームページの言う通り、まったくの初心者にはCASL2がいいですね。
とにかく午前の勉強をしっかりすること。そうすれば午後の力もおのずとついて きます。言語の勉強をする上でも役に立つのでお奨めです。
 
NO.2  HN:TAC  職業:会社員  4回目の受験  投稿日:2007 5/13(日)
点数:午前605点・午後645点
使用したテキスト
午前:パーフェクトラーニング 過去問題集
午後:TAC午後対策重点整理
コメント
4度目でやっと合格しました。
4度目で、しかもぎりぎりの合格だったので勉強方法は参考にならないと思いま す。

当日どのように問題を解いたかを書きたいと思います。
点数の内訳は、
午前:46/80
午後:問10/4 問25/5 問31/4 問46/7 問55/7 問64/4 問124/5

言語は日ごろ業務で使っているJAVAを選択しました。
午前の点数を見ると6割を超えていません。自己採点で今回も落ちたと思いまし たが、なぜか合格していました。情報処理のサイトを見ると65%〜70%が合格圏と 書かれていますが60%未満でも合格するんだと驚きでした。午前は1〜10問でか なり時間を使ってしまうのでわかるところだけを解いて後回しにしました。わか らないところは時間をかけずに後回しにすることが重要だと思います。

午前は過去にも出題された問題が結構出るので、過去問を解けば合格点は取れま す。

午後は問6→問12→問4→問5→問1→問2→問3という順番で解きました。

日ごろ業務でJAVAを使っていたので言語問題から解きました。日ごろJAVAを使っ ている人にとっては簡単な問題だと思います。試験の鉄則はわかる問題や得意な 問題から解くことだと思います。問6、問12を30分くらいで解いて、続いて 問4、問5。問4、問5は苦手としていたので時間をかけてじっくりと解きまし た。TACの午後対策重点整理は問題の解き方が載っていたので重宝しました。合否 の分かれ目は、言語問題と問4,5だと思います。実際私は問1完敗でした。問 3も1問しかできていなかったので問1〜3が取れなくてもそれ以降で満点近く とっていれば合格できます。
 
NO.1  HN:azure  職業:大学生(制御工学)  2回目の受験  投稿日:2007 5/11(金)
点数:午前625点・午後670点
使用したテキスト
基本情報処理技術者合格教本 18年度春期
コメント
二週間前から勉強を始めましたが、正直もっと前からやっていたほうが安 心できます。

午前
テキストを一度精読して過去問を2回ぐらい解きました。過去問をやっておくと似 た問題が出るのでやっておいたほうがいいです。18年度春でテキストを3回読んだ ので一度しか精読しませんでしたが、午前は、知識の問題ですので、数をこなし たほうがいいです。

午後
勉強したかったのですが時間がなかったのでしませんでした。でも、プログラミ ングは、C, Java, アセンブラのどれでもできると思ったので、3つのうちで簡単 そうなものをまず探してから、解いていきました。選択できると前にやったこと のあるプログラミングにぶつかる可能性があがるのでお勧めです。CとJavaは似て いるので片方だけ勉強している人は、もう片方もやると選択肢増えるのでいいと 思います。あと、問題をよく読むと思っていた以上に簡単ことだったりするので 、問題が分からなかったら文章を読み直すといいです。
C, Java, アセンブラって実は考え方が同じだから、一度その考え方が分かったら とっつきやすいですよ。
 
平成18年度秋期試験の合格体験記
 
NO.19  HN:あいきき  職業:生物系大学生  1回目の受験  投稿日:2007 2/10(土)
点数:午前620点・午後690点
使用したテキスト
午前1冊
午後1冊
コメント
私は訳あって、受験しました。
それまでは生物系の勉強しかしていなかったので全くコンピューターの事は分か っていなかったのですが、2週間気合を入れて勉強したら、なんとか合格する事 が出来ました。
 ですが、C言語だけは1ヶ月間勉強していたので、それが今回の合格に繋がった と感じています。
 この資格に関しては、やはり言語がポイントだと思います。
 実際私も、午前の勉強をし始めたのは試験2週間前からです。
 午後の試験の練習に関しては試験3日前に問題をいくつかやってみた程度です 。
 知識に関しては覚えるだけですが、言語に関してはやはり時間を掛けてしっか りと勉強する事が必要だと感じました。
 
 私のオススメはC言語です。意外とこの資格を取るだけを目的としてる人はC言 語ではない、言語を選択すると思いますが、C言語は初めは少し難しくて理解しづ らい事もありますが、一度コツを掴むと簡単です。
 それに、JAVAなどの勉強をする基礎にもなりますしオススメです。
 
NO.18  HN:ヤマノ  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2007 2/1(木)
点数:午前615点・午後625点
使用したテキスト
午前午後:基本情報技術者合格トレーニングハンドブック
コメント
僕が勉強した期間は約一ヶ月です。
具体的にやったこと
・1つの参考書を3回しました。
・一日の勉強時間は約5時間ぐらいです。
・参考書だけでは解けない問題が多かったのでいろんなサイトをまわって、わか らない問題を調べました。
アドバイス
暗記するするときは、その単語の意味を読み、キーワードを覚えると効率がいい ですよ。
感想
テスト当日はほとんど緊張しなかったけど凡ミスが多かったのがとても残念でし た。
でも合格できてとてもうれしかったです。
 
NO.17  HN:You  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/23(木)
点数:午前775点・午後765点
使用したテキスト
午前 
・基本情報技術者試験スーパー合格本午前
午後
・一週間で分かる集中ゼミ午後編
・一週間で分かる集中ゼミCASL2
過去問
・パーフェクトラーニング
コメント
私が受験した理由は、就職のときに有利になると大学の先生に聞いたから です。私の大学では就活前の3年の後期にこの資格を取る人が多いそうなのです が、その時期は授業も多くてそれどころではないような気がしたので今回受験す ることにしました。
 試験勉強は夏休みが始まる8月の上旬ごろから始めて、朝1時間と夜2時間( 昼はバイト)で1日3時間くらい毎日勉強しました。まず、午前の参考書を最初 から最後までじっくりと読み、分からないところは理解できるまで何度も繰り返 しました。次に、参考書についていた過去問を6回(H14〜16)くらいやりました 。さすがに参考書を1回読んだ程度なので、最初のほうは正解率が50%くらい (しかも時間をかけまくって)でしたが、1問1問解説や参考書を見ながら自分 が納得するまでやったので、最後のほうには70〜80%正解することができる ようになりました。9月に入り午後の勉強を始めました。これも午前と同様に参 考書をじっくりと読むことから始めました。また同時にプログラミング言語の勉 強もこのあたりから始めました。大学の授業でCとCASL2を習っていたので問題が 易しいCASL2を選択しました。下旬ごろに参考書も読み終えたので、別で買った最 新の過去問題集を午前午後を交互に解いていきました。午後の問題は1問20分 くらいを目安にして、大問を1問解くたびに解説や参考書をじっくりと読んで理 解することを心がけました。午後は午前の内容を理解しながら読み込んだおかげ で難なく解答でき、回答率も80〜90%くらいでした。10月に入り大学が始 まると、勉強時間も1日1時間くらい多くても2時間しか確保できなかったので 、弱点であるプログラミング言語と午前のネットワークを重点的に勉強しました 。試験当日は緊張しましたが、何とか無事合格することができました。
 今回受験して、やはり過去問は重要だなと感じました。それから、午前の内容 は丸暗記ではなく理解して覚えることが、午後の問題を解く上でのかぎになると 思います。
 
NO.16  HN:H2  職業:SE  2回目の受験  投稿日:2006 11/22(水)
点数:午前610点・午後720点
使用したテキスト
1週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ午前編
コメント
仕事がら午後試験は問題ないと思い特に対策を講じる事はせず、 午前だけにターゲットを絞って勉強計画を立てる事にした。
・・・その後、長期海外出張となり、試験の10日ほど前にようやく帰国。

結局、春の試験では、テキストのタイトル通りに1週間前から 1日1レッスン(40〜50ページ)を実践して試験に臨んだ。
結果は
 午前:595点(52/80)
 午後:640点(20/31) で不合格でした。


ちゃんと勉強すれば受かると思って、秋試験に申し込みをした。
秋試験の前にテキストを読み直す計画と過去問を解く計画を立てたが、 今回は時間に余裕があったにもかかわらず、実行できず。
試験前の3日で、用語を中心に勉強して試験に臨んだ。
結果は
 午前:610点(52/80)
 午後:720点(26/32) で合格。


今回の午前試験は、知らない用語がかなり多く出ていて、悩んで解ける問題でも 無かったので 午前が終わった時点で不合格だと思ったが、念の為に午後試験を受けた。
午後はC言語を選択したが、自己採点するまでは、満点だと思ってたほど簡単に 感じた。
(結果が720点だったの結構ショック)


春と秋の両方を受けた感想
【午前】
 ?計算問題が減った。
 ?用語問題が増えた。
 ?引っ掛け問題が多い。
 ?今までは補足でしか掲載されないような用語に対する問題が増えた。
 ?新しい技術問題への移行。(FDやHDのディスク計算等はもはや旧?かも )

【午後】
 ?勘違いで全滅するような問題構成になっている。
 ?わざわざ複雑な書き方で、問題が用意されている。
 
NO.15  HN:雲黒斎  職業:会社員  2回目の受験  投稿日:2006 11/13(月)
点数:午前645点・午後690点
使用したテキスト
スーパー合格本(午前・午後)
集中ゼミ CASL2
集中ゼミ午後
iTEC 午後重点対策
その他
コメント
典型的文系出身者ですが、ひょんなことから受験しないといけないはめに なりました。
ここでお世話になったので、同じような方の参考になればと、記します。

今年はじめ、とりあえずスーパー合格本を買ってみたのですが、とくに午後は問 題の意味すら分からない状態でした。おまけにCASL2の対策が載っていない。
基数変換から分からないレベルだったのですが、春は試験はどういうものか経験 のために受験しました。
結果は予想通り散々な結果でした(とくに午後)。

7月くらいから秋の試験に向けて勉強しなおしました。
午後を何とかしないといけないので、アルゴリズムの基礎から理解するため、初 心者向きの参考書を探しました。
「集中ゼミ午後」は初心者向きに説明してあるので、文系の私にも理解できそう でした。
その後「iTEC 午後重点対策」をやりましたが、解説が丁寧で役に立ちました 素人向けの CASL2 については、ここでお勧めの「集中ゼミ CASL2」をじっくり読 みました。
シミュレータは使いませんでしたが、CASL2 はこの本だけで十分だと思います。 午前の勉強は、過去問題だけでした。解説が充実している問題集をお勧めします 。

さて今回の試験ですが、事前にあまり勉強時間が作れず、中途半端な状態で本番 に臨むことになりました。
午前は初見の問題がいくつか、あと計算問題も多数あり、ちょっとあせりました 。
問題の午後ですが、CASL2 の問題は上記の参考書をやっておけば、ほぼ解けるよ うになっていました。
擬似言語ですが、プログラム横の説明文と問題文を見比べながら考えれば、選択 できる問題もいくつかありました。
DBやネットワークはそんなに難しい問題は出ないようなので、ここで取りこぼ さないことも重要だと思います。

くれぐれもマークミスをなさらぬよう、ご注意ください。
 
NO.14  HN:ますお  職業:無職  1回目の受験  投稿日:2006 11/10(金)
点数:午前690点・午後760点
使用したテキスト
・初歩から学べて合格できる 真図解 基本情報技術者(福嶋宏訓)
・栢木先生の基本情報技術者教室(栢木厚)
・CASL? 完全合格本(福嶋宏訓)
・iTEC 予想問題集
コメント
午後問題が過去問と比べても簡単だったので、合格できました。
私は文系大卒で、趣味でパソコンをいじる程度でした。
勉強期間は2ヶ月半ほどで、最後の2週間以外は一日3時間くらいの勉強時間だった と思います。

最初は栢木先生の基本情報技術者教室をさらっと読んで、どういうことを勉強す るのかということと、どこらへんが重要なのかをチェックしました。
真図解の方はわかりやすいのですが、本が厚く、量も多かったので、栢木本と内 容が重なっているとこを中心に覚えました。

これと並行して、CASL?の本も少しずつ読みました。
CASL?はとにかく手を動かしながら、このプログラムが何をしようとしているの かを理解できるようにやりました。


かなりゆったりペースで勉強してたので、過去問をはじめとする問題演習をやり 始めたのが試験2週間前からでした。

もう少し過去問に手を付けるを早くすれば良かったと思います。
 
NO.13  HN:俺は地上最強だ どんなやつがきても0.2秒であの世へおくることができ るんだ 武器はもたないカラテだ!   職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/10(金)
点数:午前680点・午後690点
使用したテキスト
基本情報午前 完全合格教本 福嶋宏訓著
基本情報午後 完全合格教本 福嶋宏訓著
基本情報午前 問題と解説  福嶋宏訓著
基本情報午後 問題と解説  福嶋宏訓著
プログラミング言語C第2版 カーニハン&リッチー著
コメント
参考書代は定価で上から4冊が5800円、プログラミング言語Cが28 00円でした。
C言語学習のバイブルだと何かで読んで買ったのですが、 99.99%ぐらいが文字と記号で埋め尽くされていて、 なかなかページが進まず何度も挫折しそうになりました。
言語の本は中身を見て、ぐんぐん進めそうなのを選ぶのがいいと思います。

まず教本をあまり深くまで覚えようとせず一気に読み飛ばします。

どんなに頑張っても完璧に覚えることなど不可能です。気楽に行きましょう。
だいたい2ページを平均3分ちょっとくらいでしょうか。一通りの用語を「どっ かで見た気がする!」
ってぐらいになれば十分です。僕は授業が少なく、わりとまとまった時間を用意 できたので 教本の2冊を1週間で読み終えて問題と解説に移りました。これも一気にやっち ゃいましょう。
問題解いて答え合わせして解説読んで次へ行く。同時進行で言語の本も読み飛ば して行きます。
これで一通り終わったのが3週間くらい。
といってもプログラミング言語Cはかなり理解しにくかったので何度も読み返し ました。
別な本を探してください。(絶対)

後は過去問を解きまくります。
10月になってから2日に一回ペースで過去問を解きました。ちなみに一回目は 50問正解でした。
東京理科大のHPの過去問でやってましたが、どうも10月からはアクセスが集中 するせいか、 ページが見れないことがあります。事前にどうにかしておきましょう。ヒントgethtml データベース、擬似言語でちょっと苦戦しました。これは要注意です。
特にアルゴリズムは頭がついていけるまで何度も読み返しましょう。

では僕はソフトウェア開発技術者の勉強を始めます
基本情報技術者に受かったらみなさんも受けましょう!
 
NO.12  HN:ぴい  職業:  回目の受験  投稿日:2006 11/10(金)
点数:午前点・午後点
使用したテキスト
出る順基本情報技術者ウォーク問過去問題集 午後問題編(2005年秋試験 ‐2006年春試験対応)
コメント
社会人一年目で上司の指示で受けることになりました。大学は数学科だっ たので前提知識は大学のコンピュータやプログラミングの選択授業程度+会社がIT 関係なので約1ヶ月の研修+約2ヶ月実務でJavaを使って得た知識くらいです。試 験の1ヶ月ちょっと前から勉強を始めました。はじめるのが遅かったので今回は 午前だけ合格すればいいやくらいに思っていて午後はほとんど勉強せず(かろうじ てやったのは1年分のJava言語問題のみ)、勉強も週に合計3〜4時間で(しかも試験1 週間前はあきらめて問題集を1ページも開かなかった…)(でもテキストを買ったは じめの1週間は集中的にもっとやったかも)出る順過去問のみ解いていきました。
間違えた問題にチェックを入れながら何回か繰り返し解きましたが決して完璧で はなかったし、”理解した”というより問題とその答えを”なんとなくで覚えた ”感じです。
本番は午前がわからない問題がたくさんあって、もうだめだと思いましたが時間 に余裕があったのでしっかり見直ししてみるとできる問題もありました。見直し は大事です。
午後はまったく勉強していなかったので途中退出するつもりでした。が、なぜか できました。午前よりわかる感じがしました。多分もともとロジカルな思考回路 だからだと思います。
数学得意な人は午後は言語を少しやっていれば何も勉強しなくても合格できます 。
このサイトの合格体験記を試験の1ヶ月前に見て、みんなすごい勉強してる!やば い!と思いました。でも奇跡的に合格(ギリギリ)していました。
私のようにあまり勉強しなくても受かることもあるので参考になればと思います 。
情報提供ありがとうございました☆
 
NO.11  HN:TK-AN  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/9(木)
点数:午前645点・午後640点
使用したテキスト
基本情報技術者完全対策(エクスメディア)
コメント
勉強については、1年前から初級シスアドの試験勉強を始めていたので、 アルゴリズムを中心に勉強しました。午後問については長文ということだけでは なく、プログラム設計が入ってきたので、最初のほうは苦戦しました。試験が終 わり、ほかの人と答え合わせをしてるとき、あまりあっていないと思っていまし た。だから、受かった時は本当にうれしかったです。勉強する場所を変える勉強 方法はお勧めします。
 
NO.10  HN:taka  職業:システム関係  3回目の受験  投稿日:2006 11/9(木)
点数:午前640点・午後600点
使用したテキスト
過去問(3回分くらい)
コメント
社会人の人は、仕事であまり時間がとれないと思います。毎日勉強するの はしんどいですよねぇ。そこで短時間で合格するには、午前は過去問だけ(過去3 回ぶんくらい)を完璧にする。そして、午後は始めは少し難しいかもしれませんが 、C言語から取り組んでみては?C言語が分かると、擬似言語の問題も解けるんで 。。後は、過去問をみるくらいです。最近はSQLや稼働率の問題が多く出ています 。私もぎりぎり合格なんで、偉そうなことは言えませんけど。。
 
NO.9  HN:ディス  職業:学生(高専)  1回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前635点・午後645点
使用したテキスト
基本情報技術者平成15年度[春期](日高哲郎)
過去問題集(HPに掲載されているものを利用)
栢木先生の基本情報技術者教室(平成18年度、技術評論社)
コメント
最初は今年5月ごろ、先生が基本情報を受けてみれば?ってことで勧められ たのが始まり。
そのときにもらったのが基本情報技術者平成15年度版の参考書です。ちょっと古 いですが電車の中でじっくり判読したり図書館でノート書き写しまくったりと覚 える毎日でした。
特にここでハードウェアをがっちりとやっておいたので後の勉強が楽になりまし た。

2週間前先輩のアドバイスにより過去問題集に手をつけます。
やり方としては実際の試験同様、2時間半ずつ午前問題と午後問題をやる方法をと ることに。
間にもちゃんと休憩取ったりなど実際の試験に結構似たような感じに試験を行い ました。
最初は振るいませんでしたが、何度もやってるうちに理解できるようになり、落 ち度が少なくなりましたね^^;
1週間前磁気ディスクの計算が苦手だったのでもう一度復習した後、あとはひたす ら過去問題集やホームページで掲載されている問題を寄せ集めて一つの小テスト にしたものなどを解く毎日でした。
 
NO.8  HN:かりん  職業:SE  2回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前785点・午後705点
使用したテキスト
初歩から学べて合格できる真図解基本情報技術者(福島宏訓著・日本経 済新聞社)
合格サポートCOBOL(一橋出版)
基本情報技術者ぐんぐんわかる午後対策オリジナル問題集(TAC出版)
コメント
平日は毎日仕事でした。仕事から帰ってきて毎日最低3時間、休日は5時 間くらい勉強していました。
午前対策としては・・問題を解いて、間違えた問題に関する語句などを徹底的に 復習していました。その際使用したのが『初歩から学べて合格できる真図解基本 情報技術者』というテキストです。この本は語句や概念に対する説明をわかりや すく説明していて、午前得点アップにつながりました。
午後問題としては、アルゴリズムとCOBOLばかり解いていました。今回の本試験は 午後問題が容易だったようで、ラッキーでした。
 
NO.7  HN:いぺお  職業:会社員  1回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前695点・午後690点
使用したテキスト
JEIC情報技術教育研究会編著
「基本情報技術者完全合格午後問題集」

技術評論者
「基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集」
コメント
【午前】
朝夕通勤時間の電車にて過去問をひたすら解いていました(片道約1時間)

【午後】
1時間前に出社し会社で勉強(過去問)
帰宅後、気力があるときに1時間くらい勉強(問題集)

上記勉強を3ヶ月くらいやっていました。
過去問は午前、午後共に4回分をほぼ満点が取れるようになるまで繰り返しました 。
試験当日は午前の問題の傾向ががらっと変わったように感じられ、 焦って1問目から順番に熟考してしまい、後々の計算問題を見直す時間がありませ んでした。
午後は例年よりも比較的簡単だったように思われます。
選択問題はC言語を選びましたがこちらも過去問と比べるとはるかに簡単だったと 思います。
 
NO.6  HN:高校3年生  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前615点・午後600点
使用したテキスト
コメント
皆さん始めまして。書いてある通り合格しちゃいました^^
このサイトでいろんな情報を仕入れさせていただいたおかげで合格できたと思い ます。早速ですが勉強方法は特になかったですね^^;学生なんで学校終わった後の2 時間先生1に対し生徒3で勉強してました。2ヶ月くらいやってました。最初はもう とにかく午前の過去問をやりまくりました。残りの2週間ぐらいが午後です(基本 知識はあったのでこれも過去問を見て構造体などの確認やSQL文のやり方だけ 教えてもらってました。)ちなみにCで受験しました。家ではほとんどというか 全くしてません。前日にはカラオケ行きましたし^^;
それにしてもボーダーギリギリだったので合否見たときはビックリしました。う ちの学校では4人受けたんですが2人受かりました。
 
NO.5  HN:  職業:  回目の受験  投稿日:2006 /()
点数:午前点・午後点
使用したテキスト
基本情報技術者スーパー合格本2006秋午前・午後を使用しました。

午前…内容は纏まっていてよいのですが、誤字脱字、誤答が多かったので、基礎 知識がないと語句など間違えて覚えてしまうかもです。
午後…丁寧だったと思います。ただ、コンピュータ言語に触れたことがない人は これだけだと辛いかも。学校などでそれっぽい授業を取ったことがある人ならこ れだけでいけるんじゃないかと思います。

過去問が大量に付いているのが何より良い点だと思われます。終わらせられない くらい沢山ありました・・・全部やるのは多分(精神的にも)ツライと思うので 、過去5回分位さかのぼってみればいいんじゃないでしょうか。
コメント
今回は例年よりずいぶん簡単だった(らしい)ので、もしかしたら参考に ならないかも知れないのですが。

勉強量としては、↑に挙げたテキストを午前午後両方一通り解いて、過去問を午 前5回分、午後3回分位(前日に…)こなしてから望みました。
単語帳を作成したりなどせず、ひたすら導入部や重要事項を読む、例題を答えを 隠して解く、解説を読んで復習、問題を解く、答え合わせ、問題の復習…を延々 繰り返しただけです。それで十分だと思います。一通り通したら後は過去問解く ときの復習で思い出せます。多分。

時間は8月頃は週に一回2時間程度。直前2ヶ月位は授業の合間合間に一日0.5〜 2時間位。気分次第でした^^;
ただ、私は情報系の大学生だったので基礎的な知識は事前に授業等で得ている( 筈)ので、初めてコンピュータの勉強をする人がこの時間で足りるかどうかは怪 しいです。復習や初めの重要事項の理解にもう少し時間が取られるのではないか と思います。

で、一通り重要事項の学習を終えたら、過去問をいくつか解いてみると、ちょっ とずつ点数が伸びていくのが分かると思います。勿論解き終わったら解説を読ん でどこを間違えたか把握しておくのを忘れずに。
すぐに点数が伸びなくても、自分が間違えたところがどんな分野かメモしといて 、そこの解説を読んで、また次に挑んで・・・と繰り返していけば必ず点は伸び ていくと思います。過去問を解く際は、時間を計って自分がどの位余裕を持てる のか確認しておくと良いです。(私は午前午後とも1時間位で解いていました。 早めに解く癖を付けておくと本番見直しが出来て良いかも)
 
NO.4  HN:as  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前720点・午後705点
使用したテキスト
コメント
 
NO.3  HN:慶  職業:専門学校  2回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前655点・午後670点
使用したテキスト
福嶋 宏訓著
情報処理技術者試験・基本情報 午前
               午後
コメント
私は、専門学生で学校で基本情報の勉強をしながら独学でテキストを購入 し勉強しました。毎日勉強していたわけではありませんでしたが、午前に関して は過去の問題を中心に何度も解くことで正答率もあがると思います。午後はCASL ?を選択しました。アセンブラは命令が少なく、解きやすいと思われます。ちな みに、自己採点では午前60/80、午後23/31(うち選択8/10)でした。来春のソフ トウェアに向けてがんばりたいと思います!
 
NO.2  HN:ペノ  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前650点・午後745点
使用したテキスト
午前:基本情報技術者スーパー合格本(2006・春)・午前(秀和システム )

午後:プログラミング入門C言語(実況出版)これは、試験対策に使用したとい うよりは、プログラミングの勉強に使っただけなので、明確に使用したテキスト 、ではないかもしれません。

対策本が古いのは、上の両テキストは父親からの頂き物だからです。しかし、問 題はないように感じました。
コメント
このサイトは、受験後、合格ボーダーはどれくらいなんだろう?と思い、 大変参考になりましたので、私も参考になれば、と掲載させていただきます。

私は試験日一週間前から対策を開始しました。
勉強時間は
平日・・3時間
土日・・4時間
といった感じで集中して勉強していきました。
私は集中力の持続がとても短いので勉強時間を多くとるのではなく、その時間の み集中して勉強し、それ以外では基本情報のことは全く考えない、というスタン スをとりました。
さて、一周間の勉強範囲ですが午前対策以外は行ないませんでした。
一日目 コンピュータ科学基礎
二日目 復習・コンピュータシステム
三日目 復習・コンピュータシステム
四日目 復習・システム開発と運用
五日目 復習・セキュリティと標準化
六日目 復習・コンピュータシステム
七日目 復習・情報化と経営
といった感じで午前対策のみおこなっていきました。段々試験日に近づくにつれ 、勉強に飽きてきて集中力がなくなってしまい、最後の方はスーパー合格本の中 でも「時々出」のアイコンの物はすっとばして勉強していました。「情報化と経 営」などは頭にほとんど入っていなかったような気がします。
ネットワークとデータベースについては、以前読んだ本に乗っていたので対策、 という事はしませんでした。
基本的には、とりあえず読んで、そこについている問題を解いて、という形で進 めていきました。もちろん、読んだすぐ解くので間違うほうがおかしいのですが 、そこで「あってるぞ」と自分に暗示をかけました(笑)
さて、試験中ですが、午前の問題を解いてる間は、後になるにつれわからない知 識問題が増えてきました。これは当然、後のほうをしっかりやってなかったから だと思います。
ただ、午前の問題で知識を問う問題ではない場合、小説を読むのが好きな方や国 語が得意な方ならば、文脈を読めば答えはおのずとわかる問題もありました。

午後の問題は、対策をしていなかったので不安もありましたが、正直に言ってあ まり難しいとは感じませんでした。SQLは対策しておく必要があるかもしれません が、プログラミングを多少でもやったことのある人は対策は必要なく感じます。
また、言語についてはCとJAVAを基礎的な理解はできていた、と思い、試験場で どちらか選びましたが、今回はCを選びました(後から聞いた話ですが今回はC が簡単だったようです。)一応、解き終わった後、時間が余ったため、保険とい うか、他の言語も解いてみようと思ったので、仕様を読みながらCASL2をやってみ ました。(javaは長くて読みたくなかったため)
CASL2の感想といたしましては、仕様を読むのが得意、読むのが早い、という方で 、選ぼうと思っていた言語が難しい!という場合は仕様を読みながら解くことは 可能と思います。私の場合は、選んだCと同じ程度は得点できました。(自己採 点です。もちろんマークシートはCを書きました。)ですので、非常手段として 使うのも良いと思われます。

以上が私の合格体験記となります。長々と申し訳ございません。何かのお役に立 てれば幸いと思います。
(個人的に情報処理技術者試験の日には必ず競馬の大レースがありますよね。ち ょっとずらして欲しいです(笑))
 
NO.1  HN:グスク  職業:大学3年生  2回目の受験  投稿日:2006 11/8(水)
点数:午前605点・午後630点
使用したテキスト
〜午前対策〜
<技術評論者>平成17年度春期
基本情報技術者 合格教本(使いまわし)
<LEC>2005秋 2006春対応
出る順 基本情報技術者 過去問題集 午前問題辺

〜午後対策〜
特に無し
コメント
平成17年度秋期に一度目を受けて、結果午前575点、午後615点で落ちてし まいました。
で今回就職活動に間に合わせるなら最後のチャンスということで受けたのですが 。
自己採点時 また午前が51/80点とか うぎゃーな結果。正直落ちたと思っていま した。
しかしついていました。受かっていました。凄くうれしいです。
というわけで、皆さんこんな点でも受かるときもあるのでがんばってください。
 
平成18年度春期試験の合格体験記
 
NO.14  HN:シンフォニー  職業:SE(保守運用)  1回目の受験  投稿日:2006 6/20(火)
点数:午前710点・午後610点
使用したテキスト
翔泳社の基本情報技術者2006年度春版
よく出るよくわかる基本情報午前中問題集
よく出るよくわかる基本情報午後問題集
CASL2完全合格教本
コメント
当時、このサイトは大変参考にさせて頂きましたので、 私も記載してみます。仕事はシステムの保守・運用(主はDB関連)です。
3ヶ月間、勉強しましたが、普段仕事をしていて、夜も遅いことも多く、
平日・・・電車の往復2H(また、週1回早く帰り2Hほど勉強)
土曜・・・2H程度
日曜・・・図書館で8H程度
です。
※最初の1ヶ月:テキストを一通り読んで午前中問題集1回通し
※次の3週間:CASL2完全合格教本を一通り(一部問題終わらず)
※実力確認(2日):一度、過去問をやったところ、午前中:55/80 午後:正解 率50%
※次の3週間:午後問題集一通り
※実力確認(2日):午後80%の正解率
※1週間:午前中問題集再度やり直しと、ハードやネットワーク系の苦手項目重点 勉強
※最後の1週間で実力確認:
過去問2回やり、両方とも午前中70/80 午後85%の正解率
※感想:
■午前中:
午前中はほとんど過去問から出ますので、問題集をやりながらわからないところ は テキストに戻るの繰り返しが良いです。問題集は4択全てを解説しているものが良 いと思います。 (せっかく問題やるならついでに全部覚えたほうが良いので) メルマガも幾つかあり、かなり活用できます。 (なにより解説が詳しいし、高度区分問題も取り上げている。)
■午後:
実務経験があれば、慣れるために1冊問題集をやれば、出来るようになると思いま す。 プログラムはCASL2を取りましたが、1冊きちんと理解しながらこなせば、 80%くらいは取れるようになると思います。
 
NO.13  HN:ixa  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2006 6/7(水)
点数:午前600点・午後645点
使用したテキスト
一週間で分かる集中ゼミCASL2
SQL書き方ドリル
合格教本
コメント
基本情報技術者試験を完全に履き違えていた私、昨年合格したシスアドの 難しい版の試験なんだろうな〜と、とんでもない勘違いしていました。なので、 勉強を始めたのは試験の2ヶ月前からですが、アルゴリズムの勉強をまったくせず 、昨年の苦手科目だったSQLだけを復習していました。このサイトで知ったCASL? の本を買って途中まで勉強していたころ、自分の勘違いに気付き、あ、もうだめ だ、、と半ばあきらめましたが、さらに合格教本を買って午前の勉強を参考書の 一章だけ勉強していざ試験(正直間に合わなかった)。午前はなんとか知ってたと ころを埋めることが出来ましたが、午後は分からないところは分からないまま空 白で途中退室。家に帰って競馬を見ました。自分のアホさに嫌になりつつ、夕方 にアルゴリズムの絵本を買い、10月の試験に向けて勉強を始めました。落ちた( と思っていた)のでくやしくて、それから二ヶ月くらいまじめに勉強してました。
そしたら先日、合格証書が届きました。
ありえねー。
なんで受かってんの?

シスアドのときの財産だけで受かったとはいえませんが、シスアドを頑張った人 は私のようにCASL2をやれば受かってしまうかも知れません。好き嫌いはさておい て、「一週間で分かる集中ゼミCASL2」はおススメです。
 
NO.12  HN:いざわ  職業:ソフトウェア開発  3回目の受験  投稿日:2006 6/5(月)
点数:午前655点・午後655点
使用したテキスト
午前:1週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ
   ネットで基本情報処理技術者試験で検索してヒットして過去問を載せてい るページを3年分(6回分)の問題をやりました。
午後:勉強していません。
コメント
3回目の受験でしたが、2回目を受験したのは4年前になると思います。
本気で勉強したのが今年です。
午後についてはアドバイスできませんが、午前はとにかく過去問をこなしました 。
ひたすらにやっていると用語と意味の関係がごちゃごちゃになってくると思いま す。その場合に集中ゼミで逆引きして意味をしっかり理解するように心がけまし た。
用語と意味の関係が整理できれば、おそらく見たことのない問題でも直感でこれ かな?的な感じで正解するようになると思います。 あとは計算問題さえ押さえておけば、落ちることはないでしょう。ちなみに集中 ゼミの2進数系の問題の解き方が一番理解しやすいと感じました。 ようは根気だと思った試験でした。最後まで合格したいという気持ちが持続する 人だけが合格するようにできていると感じました。勉強期間が長続きしないと厳 しいと思いました。
 
NO.11  HN:シュー太郎  職業:PG  回目の受験  投稿日:2006 5/22(月)
点数:午前680点・午後605点
使用したテキスト
午前:基本情報技術者スーパー合格本午前(2006春期)
午後:特に教材は使用していません。
コメント
H18年春の基本情報処理合格しました。
点数のとおり、ぎりぎり合格でした(^^;)ヾ
午後の内訳は… 問1.3/4 問2.2/3 問3.2/4 問4 3/6 問5.2/6 問7.5/5 問11.5/6
正解率:22/34で64.7% (問5を2/5とするなら、22/33で66.6%)
言語は普段の仕事で使っているCOBOLを選択。 難易度は易しかったと思います。
私は問1から順番に答えていくのではなく、 11→7→4→<リフレッシュのため30秒程休憩(^-^)_且~~>→1→2→3→5 の順番で解いていきました。 この順番の理由は過去問を何度か解いていて私にとっては一番時間的に余裕が 持てたと感じたからです。
が…、

実際の試験では問4のアルゴリズムに時間を使いすぎたため、問5のシステ ム設計の時には ほとんど時間がありませんでした(残り10分くらいだったでしょうか…) なのでほとんど直感で答えましたね。
それで合格したのでほんと運がよかったです(^^)v
 
NO.10  HN:トト  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2006 5/18(木)
点数:午前660点・午後600点
使用したテキスト
エクスメディアの参考書
コメント
シスアドの時と同様、午前に力を注ぎました。
そうしたら、本番では午後がほとんど出来なくて(18問しか正解しなかった) 落ちたと思っていました。
しかし何とかギリギリで滑り込めました。
選択言語はCOBOLです。勉強時間は5ヶ月くらいでしたが、本格的にやり始 めたのは3ヶ月前くらいからでした。一日2時間はやっていましたが、暇なとき は一日中やっていたと思います。
 
NO.9  HN:ぷれ  職業:公僕  1回目の受験  投稿日:2006 5/17(水)
点数:午前715点・午後620点
使用したテキスト
・一週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ【午前編&午後編】
・独習C
+図書館で借りた過去問題集(詳細不詳、誤字脱字多数 orz)
コメント
合格体験記、ということでございますが、今後、この試験を受験されるみ なさまの一助となれば幸甚に存じます。
さて、環境でございますが、平日は、国民のみなさまのために働いておりますの で、勉強することができますのは、専ら、通勤途中か、あるいは帰宅して風呂に 入り、遅い夕食をとりつつ一杯引っかけてから…ということでございました。
時間にして、調子のよいときは2時間ほど、…でなくても1時間は机に向かうこ とを心がけておりました。
専門学校に通っているわけでもなし、当然、独学ということでございましたが、 そこは、集中力とハングリー精神でございます。4月の受験のために、エンジン を始動いたしましたのは、新春を迎えてからのことでございましたので、期間と しては、かれこれ3ヶ月半の期間でございましたか…。とはいうものの、受験に 対する専門的な知識があるわけでなし、はて、どうしたものかと思いましたが、 先人の合格体験記などを読みまして、なんとなく分かったような気になって問題 集でも解いてみましょうということに相成りました。
福嶋本の午前を2回まわしたところで、過去問題集で実力を試してみましたとこ ろ、意外と理解できているようでしたので、残りの時間は午後の部にまわすこと といたしました。 また、これまで、趣味としてアセンブラやBASICを振り回しておりましたの で、C言語についてもあまり抵抗無く理解することができましたし、SQLにつ いても、ACCESSで仕事用のデータベースを作成しておりましたので、これ またすんなりと理解することができました。趣味や仕事で素地ができておりまし たことは幸運でございました。
最後に、これから受験されるみなさまに申し上げます。この試験は専門学校に通 いつつ寝る間も惜しんで一日中勉強しなければ合格できないというものでは決し てございません。たとえ短い時間であっても、独学であっても、集中力を切らさ なければ合格することはできましょう。
ただし、油断は禁物でございます。私も午後のC言語で勘違いをして、危うく不 合格となるところでございました。みなさまもご注意なさいませ。
 
NO.8  HN:しんや  職業:芸能プロダクション  1回目の受験  投稿日:2006 5/17(水)
点数:午前705点・午後675点
使用したテキスト
TAC基本情報技術者本科生
コメント
勉強し始めたというかパソコンそのものに 初めて触れたのが約1年前。仕事も芸能関係 の職で、ITやらパソコンやらプログラムや らとは全く無縁の世界。そんなところから TACに通い始め、約半年の勉強で合格出来ま した。私は本当にゼロからのスタートだっ たので、これから初めて受験される方の良 きアドバイスになるかなぁ〜と思って書き 込みました。まず午前に関してです。午前 はTACのテキスト5冊で十分でした。この5冊 を完璧に頭に入れればどの年度の問題も8割 正解出来るという、本当に素晴らしいもの でした。だから、過去問をやっていて仮に 分からない問題が出てきても、それを覚え るようなことはしませんでした。8割取ろう が9割取ろうが合格は合格ですし。午前に時 間をかけ過ぎず、残りの時間は午後の対策 に当てた方が無難だと考え、勉強時間のほ ぼ7割は午後の為に割きました。午後の対策 は、まずは何と言っても擬似言語。最初の 頃は一問解くのに1時間以上費やしました。 これで本当に時間内に解けるようになるの か不安でしたが、とにかく最初は時間を気 にするより、必ず理解した上での全問正解 を目指しました。それを根気よく続けてい くうちに、20分程度で解答できるスピード がいづれついてくるはずです。その後もと にかくやった問題を反復し、擬似言語に対 する感とイメージを養い、それを維持する ことが大切だと思います。私も試験までの 間何度も何度も反復して過去問を解いた結 果、当日の試験では1問間違いで問4を抜け られました。続いて問5です。問5も擬似言 語と同じように設問やファイルに対するイ メージを如何に早く掴むかが大切です。こ れもやはり、過去問の反復に掛かっている と思います。言語に関してですが私はJAVA を選択しました。JAVAに関して言うととに かく、参照の概念を早く掴むことです。参 照の概念が掴めたなら、後は複雑なクラス 間の関係やアルゴリズムに注意しながら、 プログラムを追っていくことです。基本情 報の問題は単にクラス間の関係のみなら ず、そこにアルゴリズムが加わってきま す。ですから、まず文法事項を押さえ、参 照を掴み、クラス間の関係を理解し、それ らをさほど気にせずプログラムを読めるよ うなレベルに早く持っていくことが重要で す。結局、JAVAで書いてあっても解く上で は、JAVAという言語を気にせず擬似言語と 同じような感覚で問題に取り組めれば、高 得点がとれるはずです。私は問8は全問正 解、問12は1問間違いで済みました。さて、 残りの問1〜問3の雑問ですが、これは午前 の知識の応用なので、午前をしっかり抑え ていればそれ程苦にならないと思います。 今回問2でマークミスが発覚し、大分失点し ましたが、それでも問4問5問8問12の正解率 のお陰で合格出来ました。やはり高配点の 問題をしっかり押さえることが合否の鍵に なってくるはずです。最後になりますが、 専門学校等で行われている模擬試験、これ は絶対受けておくべきだと思います。何し ろ2時間半の時間は長いようで短いし、また 2時間半集中力を保つのはかなりの労力が要 ります。模擬試験で一度体感されておくの が賢明です。また、模擬試験の結果で自分 に自信も持てますし。私はTACの模擬試験で 午前、午後の総合順位が16番でした。それ も励みになり直前の追い込みもだれずにや ってこれた気がします。私のような全くの ゼロからのスタートで合格出来るのですか ら皆さんも、勉強時間さえ取れば必ず受か るはずです。頑張って下さい。このサイト を見ている方全員が合格することを切に願 っています。
 
NO.7  HN:ビリやん  職業:専門学校生  2回目の受験  投稿日:2006 5/17(水)
点数:午前750点・午後665点
使用したテキスト
ないです。 過去問のプリントをやりました。
コメント
不合格体験記にも投稿させていただいた、ビリやんです。
両方に投稿できて、私は幸せです。
前回同様1・2・3・5番は正答率低かったです><
今回、特にこれといった対策はしませんでした。
仕事が忙しく自習などもやりませんでした。
では、なぜ合格できたのか。
私は授業のおかげだと思っています。
前回の試験を受けるまで、学校の授業は試験対策にのみ集中していました。
プログラミングは考え方がよくわからず、ネットワークも想像上のものでしかあ りませんでした。
意味がわからないけど暗記して暗記して暗記して、という感じです。
前回の試験に落ちてから授業の内容がガラッと変わり、プログラミングや実機を 使っての授業がでてきました。
実際にさわってみて、根本的なところから理解できたことが多かったです。
今まで暗記した内容をどんどん知識として吸収できたように感じます。
もちろん全く新しいことも習うので、それもプラスになりました。
こういったことが今回私が合格できた理由です。だと思います。

専門学校へ通う方へ。
授業で習ったことは必ず試験で活きますので、頑張ってください。
 
NO.6  HN:chirorin  職業:会社員  1回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
受験時期:平成18年度春期
点数:午前705点・午後690点
使用したテキスト
スーパー合格本・午後
コメント
基礎は、公開されているホームページで一通り詰め込み、その後は、過去 問ひたすら・・・でした。
1日、1問でもといていました。
午後は、1週間前に1日1回分の過去問をやりました。
 
NO.5  HN:ひかり  職業:高校生(電子機械科)  1回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
点数:午前695点・午後735点
使用したテキスト
技術評論者:基本情報技術者合格教本・基本情報技術者試験C言語の切 り札・基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集
新星出版社:基本情報[午後]完全合格教本
コメント
私がこの資格を取ろうと思ったのは、別に、必要だから、というわけでは ありません。
先生方に勧められたことが理由のひとつです。
全国工業高等学校長協会が行っている情報技術検定の1級に2回目で合格し、ま あなんとかなるだろう、と受けました。
勉強方法ですが、完全に独学でした(私の勉強方法は役に立つか微妙です)。
情報技術検定の勉強で学んだものもあるので、その分楽でしたが、もし、何も知 らない人が受験するとなると、結構苦労する内容が多いです。
特に、システム開発・情報システムと社会では、知らない単語が続々と出てきま す。
この辺は、がんばって丸暗記するのが手っ取り早いでしょう(単語は。稼働率や 暗号方式は完全に理解したほうがいいでしょう。)。
とりあえず1回、過去問をチャレンジしてください。
たぶん、ぼろぼろな結果になると思います。
そしたら、間違えた問題を調べて、その内容について学習する。
また過去問をやってみる。
と、繰り返せば、だいたい暗記できてきます。
特に私の場合、試験当日の朝にやった過去問が数問程度、試験に出題されました 。
新しい知識を問う問題もありましたが、それは、できなくても仕方が無いでしょ う。
午前試験は、だいたいは(すべて丸暗記だとあとで死にます)丸暗記です。 問題は午後試験です。
こちらは、午前試験よりも1歩2歩踏み込んだ問題が出てきます。
私は、勉強しきれなかったSQLが爆死しました。
でも、わからなくてもマークシートにマークしておけば正解する可能性がありま す。(SQLもそれで1問正解)
ですが、前半は、午前試験を丸暗記でなく、完全に理解している人にとっては楽 勝だとおもいます。
プログラミングの問題は、ただひたすらに練習するしかないでしょう。
私は、C言語で受けましたが、文法を丸暗記したところでなにも解けません。
とりあえず、勉強とは関係なしにプログラムを組めば、文法はなんとかなります 。
あとは、実際に出てきた問題を解きまくります。
初めのうちは、訳がわかりませんが、慣れてくると、問題文の中にヒントが見つ けられます。
そのヒントを元にソースコードとにらめっこします。
試験のときは、これはできる、と言う問題を先に解いてください。
でないと、なにも解かずに時間切れ、なんていう悲惨な状態になります。
あと、擬似言語ですが、これは、事前に少し過去問を解く程度でいいでしょう。
時間が無い場合は、これの分を言語問題にまわしたほうがいいです。
実は、擬似言語の文法は、試験問題で説明されています。
文法以外は、C言語とそんなに変わりません。
C言語の問題が解ければ、何とかなるでしょう。
最後に、勉強時間ですが、初めのうちはやりたいときにやりましょう。
プログラミングは、楽しくなれば楽勝です。
試験3ヶ月前ごろからは、がんばって用語の暗記を。
予想以上に範囲が広いので、あまり早くやると、勉強を投げ出してしまい、遅す ぎると、範囲をカバーできません。
試験1ヶ月前からは本気モードで。
半月前、過去問で7割以上解けていれば、あとは、わからないところを勉強、過 去問の繰り返しで、午前は何とかなります。
午後は、正直言って、半分近く運任せになるでしょう。
とりあえず、数問程度過去問をやって、問題の雰囲気を把握したら、午前の勉強 をしてください。
午後は午前の応用が多いので、ほとんどの問題は、午前が解らないと死にます。
午後対策は、プログラミングで十分だと思います。
 
NO.4  HN:FE  1回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
点数:午前635点・午後600点
使用したテキスト
基本情報技術者試験 完全対策 平成18年度春版
基本情報技術者試験 完全分析 最新過去問題集 平成18年度春版
(ともにエクスメディア)
コメント
まず私の、試験を受ける前の経験値は、大学の卒研をプログラミングで行 なったくらいでした。(あとACCESSを少々さわった事があります。)
試験前3日間ほど、真剣に勉強し、何とか本日合格にありつけました。
この点数で合格、実力ではなく、運がよかっただけだと、反省しております。
勉強方法は、1、2日目は、問題集の午前試験対策の基本問題を全て解き、3日目は 、午後問題の過去問をアセンブラに絞って解きました。アセンブラは、本番の試 験冊子の裏にも、説明書きが書いてありますし、前日に一回でもやっておけば、 大体理解できると思います。
私の言えることは、試験まで1週間を切っても決して諦めないこと。
そして、問題集は最新のものにすること。ちなみに問題集は、分厚いものがほと んどだと思うのですが、私は、章末問題みたいなものが付いているものを選ぶと いいと思います。私の使っていたものは全30章に分かれていて、見た目は分厚い のですが、章末問題だけを見ると、たった30ページとなり、この量であれば2日で 終わると思います。
また、日々進化するPCの資格なので、問題も最近の過去問からの類題が多いよう に感じましたので、最新のものがいいと思いました。
あとは、これは皆さん言われていることだとは思いますが、試験当日、午後試験 にて、選択問題の問題番号を必ずマークすること。これくらいです。
ご参考にならず、申し訳ありません。
 
NO.3  HN:アル  職業:学生  3回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
点数:午前695点・午後730点
使用したテキスト
1週間で分かる集中ゼミ午後。
良く出る良く分かる基本情報技術者
問題集午前。
完全合格教本CASL2
過去問2年分。
スーパー合格本2002年午前。
コメント
初めのほうはさぼってたのですが、 ラストの4ヶ月ぐらいから夏休みに入ったので、 1日8時間と計画を立てました。
8時間から、単位時間当たりの勉強量を求め (だいたい1時間当たり3p) 黙々とノルマをこなしていく感じでやりました。 試験があと1ヶ月くらいにせまってくると、 ひたすら過去問をといていました。
私は2年分しか入手できませんでしたが、 入手できる方は、あればあるほど自信がつきますのでおすすめです。
 
NO.2  HN:さる  職業:高校生  2回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
点数:午前640点・午625後点
使用したテキスト
「情報処理教科書 基本情報技術者」
「2006年度版 基本情報技術者完全合格 午後問題集」
コメント
勉強できる時間があれば、ば、午後問題、午前ができれば午前問題の知識 に関する勉強をしていました。
今回は、先生からの補習などもなく、ほぼ完全に独学でいくことになってしまっ たので、とても勉強のペースがわかりにくかったです。
空白の時間を見付けて、そこを勉強時間にあてる、などという時間の有効活用が できれば中々いい感じでいけるのでは
 
NO.1  HN:苦学生  職業:高校生  2回目の受験  投稿日:2006 5/16(火)
点数:午前720点・午後715点
使用したテキスト
基本情報技術者試験完全合格教本 午前・午後
超図解基本情報技術者試験完全対策
超図解基本情報技術者試験完全分析過去問題集
CASL?プログラミング
コメント
問題文をよく読めば おのずと答えはわかります。
これから、受ける方々 がんばってください。
 
平成17年度秋期試験の合格体験記
 
NO.11  HN:くぼたぬ  1回目の受験  投稿日:2006 2/20(月)
点数:午前630点・午後610点
使用したテキスト
インフォテックサーブ ITワールド
インフォテックサーブ 初めてのアルゴリズム
インフォテックサーブ Cプログラミング
インフォテックサーブ キャッスル2
コメント
私も知識0からの状態で平成17年度の4月に専門学校に入学してからか ら勉強を始めました(それまで基数変換も出来なかった…)

専門学校生ですので。基本的には先生のテキストを使っての講義と過去問題、TAC 、Iテック、インフォテックサーブなのどの模試などが主な勉強項目でした。

勉強時間に関しては。4〜6月は朝9時半から夕方6時まで(専門学校の基本授 業時間)のみで、前哨戦として6月に全国経理協会の情報処理検定、2級を受験 。合格でした。(うろ覚えですが 100点満点で96点くらいだったと思いま す)

その後夏休みを一ヶ月はさみ(その間勉強時間ゼロ)

8月後半から約二ヶ月スパートをかけて。勉強時間が学校の授業以外に自宅で約 3時間ほど

当日の受験言語選択は最終的にキャッスルでした。Cも勉強してましたが。当日問 題を見た瞬間。「どう考えても時間が足りなくなりそう」と判断し、キャッスル を選択。いざ問題を見てみるとオーソドックスな問題でほぼ完璧な仕上がりでし た。

また。受験勉強中にC言語の過去問をジックリトレースしながら解いていたおかげ か、トレース力がつき擬似言語も苦にならず。キャッスルに関してはスラスラト レース出来るようになっていたのは大きかったです。

今現在は春試験のソフトウェア試験に向けて勉強中です。
 
NO.10  HN:uho  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/20(日)
点数:午前660点・午後630点
使用したテキスト
図解教本(日本経済新聞社)
午後問題の重点対策(ITEC)
らくらく突破CASL?(技術評論者)
アルゴリズムの切り札
コメント
9月から勉強しました。図書館が開いてから閉まるまで。そのあと家でも 勉強しました。知識0からのスタートだったので最初の2週間くらいは苦しかっ たです。
勉強方法ですが、午前はとにかく暗記→理解の順番。暗記しているうちに理解し ます。これで大丈夫。ブックオフで安く売っている問題集があるので是非活用し ましょう。
午後はITECのものを使いました。分厚いのでやる気が失せる人もいるかも知れま せんが、「こんなところで躓いていられない!」と、思うなら大丈夫でしょう。 とにかく繰り返して下さい。
選択言語はアセンブラです。必死でやれば楽勝です。15分で2問とも満点取れ ました。
アルゴリズムの切り札もオススメです。
 
NO.9  HN:琉綺  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/18(金)
点数:午前685点・午後610点
使用したテキスト
基本情報技術者試験完全分析最新過去問題集
基本情報技術者 合格教本
コメント
じぶんはこつこつ型だと思ってたので8月ごろから2,3時間ずつ学習を開始 。言語はCOBOL以外は一応大学で学習していて、今回はCASL?を選択。毎日少しず つでも目を通していけば結構覚えられるもの。それと過去もんはぜひやっておく ことを勧める。
 
NO.8  HN:ブラザービート  職業:専門学校  1回目の受験  投稿日:2005 11/17(木)
点数:午前730点・午後655点
使用したテキスト
一週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ 午前編 福嶋宏訓著
コメント
専門学校で入学して半年で受けました。情報処理系の知識は今までまるで なかったので、ひたすら参考書を読んで、本当に暗記というか問題をたくさん解 いて問題慣れで受かった感じです。用語とかを覚えてもそれが実際どんな風に使 われているかとかよくわかりません。
勉強時間は学校が終わってから3〜4時間くらいだったと思います。とにかく買 った参考書と過去問で頑張りました。
 
NO.7  HN:おじゅ  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/15(火)
点数:午前670点・午後615点
使用したテキスト
・一週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ 午前編&午後編 福嶋宏訓著
・情報処理試験 CASL? 完全合格教本 福嶋宏訓著
コメント
僕が真剣に取り組むようになったのは大体試験が始まる4ヶ月前ぐらいか らです。学部は情報系ですがいろいろなことを学ぶ特殊な学部でして、アルゴリ ズムなどについてあまり学ばなかったので大半は独学で学びました。
まず「一週間で分かる集中ゼミ」の午前編から始めましたが、とても一週間で分 かりえないほどの内容でしたので1ヶ月かけて読みました。それから「午後編」 に手を出したのですが、午前編に納得いくほどの理解が得られなかったのでもう 一度午前編を読み直しながら午後編を読みました。午後編は一回理解できればな んとなく問題が解けるようになるので、着実に読み解くことが必要です。試験2 ヶ月前ぐらいからプログラミングについて学びました。CASL?は大体問題がパタ ーン化されているので、試験中はプログラミング問題に時間を残すことができれ ば必ず解けます。CやJavaなどを経験したことない方には絶対おすすめです。
試験は過去問から出ることが多いので過去問題集は完璧にしておいたほうがいい です。本番で出たときラッキー!と思えるはずです。
最後に、これから独学で受験される方に。。。結構やる気によって結果が左右さ れると思います。僕の場合はいつも気持ちを引き締めるため、寝る前に必ず問題 20問解くとか、バイトの休憩中にもテキストをとりあえず開くようにするとか しました。一ヶ月前に切羽詰ってやるよりは最初から時間をかけてじっくりやれ ば、気持ちに余裕ができると思います。合格したときの達成感はそうとうなもの です。それを思い浮かべて頑張ってください。
 
NO.6  HN:kai  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/13(日)
点数:午前715点・午後615点
使用したテキスト
インフォテックサーブ社
基本情報処理技術者 午前・午後問題集
コメント
勉強時間は一日二時間くらいしてました。
午前問題は3ヶ月、午後問題は1ヶ月くらいかかりました。 使用したテキストの インフォテックサーブ社の講師の方が学校で、一日だけ講習を開いてもらったん ですが、講習内容がDNS、オーバレイ、DH法で午後の試験と同じ所が3つもあり、 とても運がよかったです。おかげで素人の僕でも受かることができました。合格 率が春期と比べて若干下がっていて、午後の問題は比較的簡単でした。だから、 午前の問題が難しかったんだと思いました。午前の問題は過去のソフトウェア開 発技術者試験の物が幾つか出ていました。
 
NO.5  HN:もも  職業:高校生  1回目の受験  投稿日:2005 11/12(土)
点数:午前735点・午後670点
使用したテキスト
よく出るよく分かる基本情報技術者問題集 午前&午後
1週間で分かる集中ゼミ午前&午後
コメント
私が勉強を始めたのは6月頃からです。勉強時間は平日に30分程度、休 日は1〜2時間ほどでした。
午前は、「よく出るよく分かる〜」を読み、問題を解いていきました。一通り読 み終えたところで過去問をやってみました。結果、50/80くらい。これじゃ ダメだと思い、「1週間で分かる集中ゼミ」を入手して読み始めました。この本 はわかりやすく、ポイントをしっかりと押さえてあり、私はタイトルに逆らって 5日間で読んでしまいました。その後は、分からないところがなくなるまで過去 問を解きました。午前は計算問題が重要です。公式を暗記するだけではなく、理 解して覚えることが大切です。そうすれば応用的な問題もなんとか解けます。
午後は、問題集を解いていきました。最初は長文に苦戦しましたが、コツをつか めばスラスラと解けるようになると思います。問題を何回もやって慣れておくこ とが大切です。私の選択言語はJavaとC言語でした。問題を見て解けそうな方を選 ぶ、という感じです。これは結構便利です。運が良ければ1問目と2問目両方で 得点を取ることができます。出来る方はやってみて下さい。
最後に、これは私自身の経験ですが、初受験だったので会場に着く前から緊張し っぱなしでした。そして緊張のせいか、最初の20問を解くのに80分もかかっ てしまいました。全部終わったのが終了10分前。見直しの時間がとれませんで した。そんな状態で午後に突入。よく考えれば分かりそうな問題もあきらめ半分 で解いていました。自己採点でも午後が65%で、かなり不安でした。だけど、 結果を見ると午後のスコアが670点でした。65%前後でも合格することが出 来るので絶対に諦めないことが大切です。それから、自分なりにリラックスでき る方法を見つけると、かなり楽になると思います。
 
NO.4  HN:ぽ  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/12(土)
点数:午前640点・午後625点
使用したテキスト
基本情報技術者試験完全分析最新過去問題集
コメント
受験一週間前に焦ってとりあえず問題集やろうと思って買った問題集の午 前を根性で完璧にすれば取れた。
これ取ろうとしてる人ってよっぽど午後の問題は普通にできるんじゃないの?こ の点数で言うのもあれだけど。。。
 
NO.3  HN:マキシム  職業:専門学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/12(土)
点数:午前705点・午後670点
使用したテキスト
学校の教科書として使用している インフォテックサーブ社の午前用午後用
コメント
高校が普通科だったので苦労しましたが、 5月頃から始めて放課後の2〜3時間くらいしかできませんでしたが、あとは夏休み 返上で一日8時間。
今回のは簡単だと感じたので、足きりされてしまわないか心配だったのですが、 聞くところによると勉強の仕方で 簡単と思うか難しいと思うかは、全くわかれるそうで・・・
 
NO.2  HN:nyankiti666  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 11/11(金)
点数:午前625点・午後625点
使用したテキスト
1週間でわかるシリーズ3冊
コメント
お前ら聞いとけ!!こいつは勉強時間2週間で合格だぜ!!まあ言うなれば 、こいつは原付免許程度なもんだからな!!取って当然だろ!!だから、お前ら 頑張れよ!!俺は一足先にソフ開行っておくじょ!!じゃな!!
 
NO.1  HN:大佐  職業:大学生(2年生)  1回目の受験  投稿日:2005 11/11(金)
点数:午前700点・午後710点
使用したテキスト
基本情報午前完全合格教本(福嶋宏訓著)
基本情報午後完全合格教本(福嶋宏訓著)
基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集(西田明雄著)
コメント
まず、私はコンピュータ系の大学に通っていって、基本情報の試験範囲は7 割がた1年、2年生のとき(現在)に学びました。
資格勉強開始時期は、夏休みが始まるちょっと前で、まずは2冊のテキストを1ペ ージ1ページ読むことから始めました。これは通学のときに電車の中だったり、ち ょっと空いた時間に読んでました。一度大学で学んでいたので、復習という感じ で疑問に思うことはほとんどなく、スムーズにテキストは読み終わりました。次 に、某サイトで平成14年からの過去問を全て保存して、演習に取り掛かりました 。それが、大体8月半ば。
9月に入ったら、パーフェクトラーニングで模擬試験的な演習。9月末には大学が 始まったので、毎日夜1時間程度問題を解く。 (といってもレポートが出たりした日はやりませんでした。)
試験範囲の内容がおおまかに理解できたら、 とにかく、多くの問題を解くことが大事だと思います。最初は正答率も悪いです が、必ず解説を読んで理解しましょう。
午前の場合、知らなかった知識が身につき、 午後の場合、多くの問題を解いていくうちに応用力やコンピュータ的思考が身に ついてきます。
プログラム言語はC言語を選択しました。
というのも、大学でC言語を半年以上学び体に染み付いていたので。CASLの問題が 簡単のようですが、もし自分がすでに学んでいる言語があるのならば、そちらを 選択した方がよいです。新しく、CASLという言語を学ぶ時間を省いて、問題演習 に時間を注いだ方がいいと思います。
 
平成17年度春期試験の合格体験記
 
NO.7  HN:k-ぶそ  職業:高校生  1回目の受験  投稿日:2005 06/12(日)
点数:午前625点・午後610点
使用したテキスト
基本情報処理技術者 合格教本(技術評論社)
完全対策(エクスメディア)
コメント
工業高校の、情報技術科だったのである程度基礎知識がありました。(2進 数、論理回路、パソコンの基礎知識、C言語、COBOL、CASL?、シスアドの内容) 学校の選択授業の工業管理でシスアドの内容は勉強してました。そのほかの講座 などは受講してませんでした。
勉強方法 資格がいままでの10倍速く取れる本 という本を参考に、基本的には問題集をや ってました。 分野ごとに テキストを読む→問題集をやる→答え合わせ の順でやってました が、とにかく問題集をやることが重要で、テキストを読むだけでは全く覚えられ ません。 最初は、テキストを見ながら問題を解いて、次はテキストを見ないで問題を解く ようにしたほうがいいと思います。わからない問題を適当に答えても勉強になら ないので・・・。
午後試験対策は、特にしませんでした。(そのため、午後試験終わったあとかなり 後悔しました)2年前からC言語を勉強していたので、短期間での勉強方法はわかり ません。 C、Javaは、かなり難しい問題が出るのでCOBOLやCASL?をやるという方法もあり ますが、COBOL,CASL?は、いきなりプログラミングを勉強する場合かなり難しい と思います。 基礎知識がわかってきたら、難しいアルゴリズムのプログラムを書いてみたり、 他人が書いたプログラムを読む練習をするのもいいでしょう。プログラミングは 、できるだけ速く勉強を始めたほうがいいと思います。
最後に 前回、秋のシスアドの試験で自己採点の結果 午前65% 午後60%でしたが、午 前600点 午後600点 で合格しました。 ほとんどの参考書には70%以上と書いてありますが、65%でも受かるので、必ず 成績照会はしましょう。自分の実力がわかるのと、次回の試験のために。 けっこう見ない人が多いみたいなので・・・
 
NO.6  HN:麗羅  職業:大学生  1回目の受験  投稿日:2005 05/22(日)
点数:午前640点・午後655点
使用したテキスト
・一週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ 午前編&午後編 福嶋宏訓 著 日本経済新聞社
・情報処理試験 CASL? 完全合格教本 福嶋宏訓著 新星出版社
・基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 西田明雄著 技術評論 社
コメント
私が勉強しはじめたのは2月下旬頃。大学での試験終了と同時に始めまし た。しかしそこは大学生の長い春休み、旅行何回も行ってたりしたので、実質3 月からの2〜3週間くらいの勉強量だったと思います。
☆勉強方法☆
○午前
とにかく暗記大嫌いな私は、午前が問題だと思っていました。 コンピュータ科学基礎(演算・アルゴリズムなど)については大学での講義内容と かぶってましたし、データベース(SQLなど)については他の資格をとる際に少 し学習していたので、、さーっと復習する程度。 科学基礎以外の範囲については「一週間でわかる〜」シリーズを通し読みしまし た。何度も復習する時間はなかったので、一つ一つ丁寧に読みました。一〜二日 で一章を目標に、わかっている問題でも全部解きながら進めました。 一つ言えることは、おそらくこのコンピュータ科学基礎はとても重要な項目だと いうことです。先ほど述べた通り、私は暗記大嫌いなので、やはり科学基礎以外 の範囲の正答率は自己採点では低く、全体の正答率としても56/80でぴったり7割 。少し不安でした。それでも640点とれたということから、科学基礎の点数は高く なっているのではないかと思われます。勉強したことがない方はとっつきにくい 分野かもしれませんが、ここでは力をぬかないようにがんばってクダサイ☆
○午後(アルゴリズム)
午後については、プログラムを一回でも組んだことがある方、ない方で勉強方法 が全くちがってくると思いますので、分けて書きますね♪
・プログラムを組んだことがある方
アルゴリズムについては、参考書をさーっと読む程度。それで十分だと思います 。こんなアルゴリズムがあるんだーってことを知っておけば、対応できると思い ます。ただ、私の場合は簡単なCしかしたことがなかったので、流れ図について は、何も知らない状態。そこだけはきっちり勉強しました。 擬似言語については何題か解いてみて、慣れておくべきです。書き方が特殊なの で、ぶつけ本番だと理解するのに時間がかかってしまいますよー。
・プログラムを組んだことがない方
一番いいのは、まずは時間をかけて基礎的な考え方を身につけること。それから 時間があれば参考書に載っているアルゴリズムについてはすべて理解すること。 時間がない場合や、できると思った場合はある程度難解なアルゴリズムを読みと ばしてもいいと思いますが、流れ図をはじめ、最大値・最小値問題などはしっか り理解しておくべきです。
○午後(選択言語:CASL)
Cを学習したことがあるものの、過去問を見て、「ちょっとムリかも・・・」と 思った意気地なしな私。CASLを選択しました。結果的にはCASL選択でよかったと 思っています。実用性はないものの、コンピュータ内部で行われている計算など がよくわかります。プログラムしたことがない方にはCASLをオススメします!付 属のソフトを使って勉強すれば、理解しやすいですよ☆ CASLの勉強法に関してですが、私は文法しか勉強していません。覚える語は きわめて少ないので、ラクです。文法のみ完璧に理解すればあとは応用力の問題 !プログラム組んだことがある方は、文法さえ完璧にすればできます! 組んだことない方は、CASLについては文法をしっかり身につけ、アルゴリズ ムを中心に勉強する必要ありだと思います。慣れが必要!
○過去問
私は試験二日前から一日一回分、つまり二回分解きました。時間についてはあま り気にしてませんでしたが、午後問題については速読力がある程度必要です。午 前問題は間違った問題をノートに抜き出し、頭にたたきこみました。午後問題は 数をこなすべきだと思います。間違ったところは一通り解説を読んで理解し(解き 直しはしても1〜2回?)、どんどん他の問題にあたるべきだと思います。
 
NO.5  HN:さくら草  職業:司法書士  1回目の受験  投稿日:2005 05/20(金)
点数:午前640点・午後610点
使用したテキスト
基本情報 パーフェクトラーニング 過去問題集
コメント
過去問題4回分に1回だけあたり解けない問題は考え方や特に午後問題は説 明分から解答枝との関係を掴みとるよう心がけた。延べにして4日間ぐらいかけ た程度。なんとなくこれかなというぐらいの感覚がつかみかけたが自信はなく、 あとはぶっつけ本番です。20年来のパソコン暦の雑学が役立ち午前は自己採点で75% でまあまあ。午後は、BASIC言語以外あまり経験なく直前までJAVAでと迷いつつ、 前日になって急遽、CASLに作戦変更した。自己採点では56点、配点割合を有利に 計算しても60点。合格はラッキー(運)であった。
 
NO.4  HN:TAKA333  職業:プログラマ  6回目の受験  投稿日:2005 05/18(水)
点数:午前635点・午後605点
使用したテキスト
基本情報処理技術者パーフェクトラーニング
コメント
勉強方法としては、過去問題のみです。 勉強時間は、通勤時間のみです。 基本情報で合格まで6 回もかかってしまいました。いいわけとしては、仕事がい そがしいからです。ほんといいわけです。 まあ、まきらめずにやれば、いつか通りますが。
点数の推移
14秋 めもってない 午前450ぐらい 午後450ぐらい
15春 めもってない 午前550ぐらい 午後450ぐらい

15秋 めもってた 午前 630 午後 470
16春 めもってた 午前 630 午後 590
16秋 めもってた 午前 695 午後 545
17春 今回    午前 635 午後 605

です。私の場合は、とにかく午後が問題でした。 午前は絶対、過去問題だけで いけます。午後は、アドバイスできるレベルでは、ありません。
 
NO.3  HN:†aka  職業:学生  2回目の受験  投稿日:2005 05/16(月)
点数:午前665点・午後695点
使用したテキスト
一週間でわかる集中ゼミ【午前編】2005春版
コメント
勉強をはじめたのは、試験から1〜2ヶ月前です。一週間で読める本をだ らだろと、一ヶ月以上かけて読みました。 以前に試験を受けたときには、別の参考書を読んでいたのですが、量が多く自分 は飽きっぽいので全部読まないでいました。 そんな人には、一週間でわかる集中ゼミはお勧めです。これだけは覚えたほうが 良い、という範囲がとりあえず網羅できます。 勉強は、一日2時間の予定でしたが、試験前にならないとあまりやっていなかっ たのが現状です。主に、電車の中など移動時間中に読んでいました。 そして、最期の一週間ぐらいで、過去問題をときました。 過去問題ははっきりいって重要です。 テキストを読むのがだるい人は、解説付きの過去問題を沢山解くのがいいと思い ます。 午後の勉強は、前回のテストの時も何もやらなくても合格点が取れたので、今回 もノータッチでした。選択問題はC言語にしました。 下手な文章でスミマセン。
 
NO.2  HN:みつき  職業:高専生  1回目の受験  投稿日:2005 05/16(月)
点数:午前645点・午後645点
使用したテキスト
超図解 基本情報技術者試験 完全分析 最新過去問題集(平成17年度春 季版) のみ
コメント
3月から1ヶ月の間、1日3時間ちょっとぐらい問題集といてノートにまとめ るという作業をくりかえしました。午後はプログラミングだったので、1時間たり とも勉強していません。ちなみに言語はCでした。
♪勉強方法♪ ある程度の知識を身につけるために教本を1度さらりと読むべきだと思います。私 の場合は学校で基礎をすこしやっていたので問題集から取り組みました。
過去問題集は用語の解説がしっかり書いてあるものがお勧めです。
問題集を1回分、時間は気にせずとりあえず解きます。 間違っているもの、用語をしらないものをノートにまとめます。このとき乱雑に まとめず、あ行、か行、さ行などでまとめることをおすすめします。できるかぎ り理解しながらまとめてください。
それをしっかり読み、大体おぼえたら2回目の問題、3回目の問題と繰り返してい きます。
4回分収録されている場合は4回目の分は時間をはかって実力テストのように行っ てください。 大体の力量がはかれます。
丁寧にやればこのぐらいで合格できると思います。
午後問についてですが、得意なプログラミング言語を選ぶことをオススメします 。私の場合はCです。 Cの方向けに説明します。
とにかくやったことがないひとはCの入門書はかなりでているので買ってください 。
あとはcygwinなどをダウンロードして、例題などをひたすらやってれば自然に覚 えます。午後はアルゴリズム入門やデータ構造用の本、あとはプログラムの入門 書があれば多分勉強に足らないところはないとおもいます。 とにかく自分でプログラムを組んでみる、そして人のプログラムを理解する、に 従事すれば大丈夫だと。。。思う。多分。
勘違いすると一気に時間がなくなるので気をつけましょう。。。。(←自分)
 
NO.1  HN:miffy  職業:大学生  2回目の受験  投稿日:2005 05/16(月)
点数:午前640点・午後680点
使用したテキスト
-
コメント
前回午後のプログラミングが悪かったので改善したら受かりましたV
 
平成16年度秋期試験の合格体験記
 
NO.5  HN:ID4  職業:無職  1回目の受験  投稿日:2005 04/17(日)
点数:午前720点・午後710点
使用したテキスト
著者 福嶋 宏訓さんの本ほとんど。
コメント
秋の試験を目指し、5月から勉強開始。最初の一ヶ月は一日8時間以上や ってました。生まれて始めての自分から進んでの勉強だったので楽しかった。
6月途中からペースダウン。どうやら一日8時間はやりすぎだったみたい。
7月から午後問題、プログラム言語開始。選択はCASL2です。 慣れてきたら、CASL2で電卓を作ってみるのがおすすめです。かなり楽しい し。ただ、数値限界的に2桁の電卓が限度です。
8月。午前はほぼ完璧。とにかく問題を解いて、間違えたところは二度と間違え ないように頭に叩き込む。
9月、プログラムも一安心な所。ただ、午後問題が不安定。 10月。模擬試験で合格点。安心して本番に挑み見事合格。点数も満足。

まずこれから受験する人に言いたいことは、午前試験で時間が足りなくなるのは 駄目かも。問題文を読んだ時点で、四択見なくても答えが分かるような問題が多 々あるから、すぐに答えられるくらいまで知識を煮詰めれば自然と合格まで行け ますよ。
全部解答終わって、見直しもすんで、それでも時間が余るくらいまでいって俺は 合格しましたから。
 
NO.4  HN:あつ  職業:学生  1回目の受験  投稿日:2004 12/12(日)
点数:午前680点・午後685点
使用したテキスト
1週間で分かる基本情報技術者 集中ゼミ 午前編 2004年版
1週間で分かる基本情報技術者 集中ゼミ 午後編 2004年版
基本情報技術者 午後 Javaスーパー攻略
コメント
僕の場合、本格的に勉強しだしたのは8月の終わりぐらいだったと思いま す。(2年ほど前にも一度受験しようと思ったことがありました。そのときは、あ まりの範囲の広さに驚きあきらめました。)

☆僕の勉強法
・午前
 午前対策は、とりあえずテキストを読み、読むだけでは足りないと思ったとこ ろ(たとえば、計算問題など)は、紙に書いて勉強しました。これを2回繰り返 しました。

・午後
 午後は、本を軽く読んだ程度であまり深く勉強しなかったです。(時間がなく でできなかった)。  言語はJavaを選びました。Javaでプログラミングをしたことがあったので、参 考書は、復習するぐらいの感じで読みました。実際に試験を受けてみて感じたの ですが、Javaの問題はなかなか難しかったです。JavaやCを普段使用している人以 外は、CASLを選択したほうが無難かもしれません。(COBOLは触れたことがないの でどんなものかわかりません)

☆過去問について
 僕の場合午前、午後とも過去問はほとんどやらなかったです。(ていうか、こ れも時間なかってできなかった)  ほかの方も書かれているように、午後は、過去問をやって問題慣れしておいた ほうがいいと思います。特に擬似言語の問題は何度か解いておいたほうがいいか もしれません。過去問をやったことなかった僕は問題を理解するのに手間取りま した。それと、午後は一問一問が結構長いので、それなりの集中力と読解力も必 要だと思います。

☆最後に
 基本情報処理技術者を合格しさらに、上級資格を受けようと思われている方は 、そのことを見据えてじっくりと勉強したほうがいいと思います(この資格だけ がほしいのであれば別ですが)。基本情報では、上級試験の基礎の部分を問われ ており、基本情報の勉強したときに学んだ知識は上級試験の勉強をするときに必 ず生きてくると思います。適当に勉強した僕は、今苦労しています...

長々と書きましたが、この体験談が少しでも皆様の合格へのサクセスストーリ( ?)への助けとなれば非常に光栄です。
 
NO.3  HN:ノーフィアー  職業:会社員(IT関連)  2回目の受験  投稿日:2004 11/27(土)
点数:午前615点・午後615点
使用したテキスト
1週間で分かる基本情報 集中ゼミ 午前
よく出るよく分かる基本情報技術者(午前)
よく出るよく分かる基本情報技術者(午後)
基本情報技術者完全解答
コメント
11月より「1週間で分かる〜」にて勉強を始め、2月より「よく出る〜」に て問題を解きました。この流れで4月の春試験を受験し、玉砕しました。年末に会 社が倒産し、1、2月は支払われなかった給料の請求や確定申告、今の会社に入っ て環境に慣れる時間が必要だったりとなかなか勉強に集中できない時期があった にせよ、ただの言い訳にすぎませんね…。
仕事が忙しかったこともあり、約4ヶ月のブランクを経て、8月より秋試験に向け て本格的に勉強を再開しました。春に失敗した原因としてとにかく過去問題を解 く時間が少なかったので、8月、9月でもう一度「よく出る〜」の問題を解きなお して春に覚えたことを思い出し、10月は試験日前日までとにかく過去問題を解き ました。これでギリギリですがなんとか合格しました。
帰宅するのが遅い日が多かったため、平日家で勉強することがほとんどできず、 片道1時間強の通勤時間に勉強することがほとんどでした。また、言語はC言語を 選択したのですが、C言語での開発経験があったので言語に関する特別な勉強はし ませんでした。
午前問題に関しては1冊参考書を読んで、その後は問題集、過去問でとにかく問題 に慣れれば十分だと思います。似たような問題が結構でますしね。午後問題はい きなり問題集、過去問から入っていいと思います。問題文が長いので、沢山の問 題を解くことで文章の読解力を養うのが一番効果的だと思います。午後の問題は 一般的にアルゴリズムや言語問題の方が配点が高いと言われているので、その辺 も踏まえながら勉強すると良いかもしれません。
 
NO.2  HN:kuro  職業:フリーター  1回目の受験  投稿日:2004 11/22(月)
点数:午前680点・午後650点
使用したテキスト
一週間でわかる基本情報 集中ゼミ 午前
一週間でわかる基本情報 集中ゼミ 午後
基本情報 パーフェクトラーニング 過去問題集
猫でもわかるC言語プログラミング
コメント
5月・・・猫でもわかるC言語プログラミングでCをさっと勉強(電車で一 日約1時間)
6月〜8月中旬・・・一週間でわかるシリーズ読破(電車で一日約1時間)
8月中旬〜試験・・・パーフェクトラーニングで過去問(電車の中で勉強)・ネッ トで過去問テスト。
○午前対策は、まずは参考書でさらっと読み、あとはひたすら過去問をすれば良 いと思います。
○午後は午前応用(4問)・擬似言語(1問)・言語選択(2問)で構成されていて 午前応用に関しては過去問で慣らす程度でいいと思います (どの分野が出るかわからないので苦手分野を作らないこと)
言語は後回しにせず最初にやっておいたほうが良いと思います。出来る限り長い 期間をかけて少しずつ慣れていけばいいと思います。
擬似言語は感覚として、Cと似ているので言語を勉強した後、過去問を沢山解け ばいいと思います。(擬似言語はどの参考書でも過去問しか載せていないので結 局過去問をたくさんやるしかないです)
ダラダラ書いてしまってわかりづらくなったんですけど、簡単に言えば過去問を 徹底的すればいいわけです。わからない問題があれば掲示板などで聞けばOKだ と思います。ネット上の仲間と一緒に頑張ればやる気も維持できるのでたくさん 利用しちゃえば(゚з゚)イインデネーノ?
 
NO.1  HN:うホぎ  職業:-  1回目の受験  投稿日:2004 11/21(日)
点数:午前600点・午後620点
使用したテキスト
基本情報技術者合格教本(技術評論社)
基本情報技術者らくらく突破CASL?(技術評論社)
コメント
5月あたりからテキストを読み始めました。3回読み終えたあたりから練 習問題と添付のCD−ROMの過去問に取り組みました。 また、東京理科大のサイトで過去問の解説を参考にしました。 午後はCASL?を選択しました。ほぼテキスト読みでプログラム文法をとりあ えず憶えてから試験に臨みました。 春に初級シスアドを合格していたので基本的な部分はそれほど戸惑うことなくテ キスト読みすることができました。(結果は伴わなかったケド)
 
当サイトのおすすめの参考書・問題集をチェック
 
スポンサードリンク
 

(C)基本情報技術者試験の合格体験記
 
中国語検定3級4級